お客様の声

休めるときは思いっきり休む!業務代行のすすめ

  • LINEで送る

「コインランドリーを始めたばかりのときは、数日分の集金をする時の高揚感がやりがいでした。朝起きてまず店舗を掃除する生活も全然苦ではなく12年間やってきました」と言われたのは、台東区の1店舗のコインランドリーオーナーA様。やりがいに直結していた日々のコインランドリー管理業務が、10年を超えるとだんだん気持ちの面で変わってきたようです。

「雨期のあとは売上が上がることは嬉しいけど、バケツ一杯の100円500円を持ち上げて運ぶのが重くて、身体も老いてきましたよ。バイトの募集も考えたのですが、現金を扱うので抵抗がありました。ランドリーサポートは、コインパーキング管理の会社と警備会社の信頼がありそうだと相談しました」と、清掃・集金・コールセンターの代行業務を依頼されました。

「世の中の習慣が変わって、手指の触れる場所を気にされるご利用者様が増える中、今年の1月中旬から清掃を委託しました。報告書の写真をチェックして疑問に思ったことや注意してほしいことを伝えて清掃員さんと共有しています。重い貨幣の集金ですが、力仕事を任せることが出来て助かっています。長年やっているランドリーなのでおおよその収支は分かります。その中で予算を相談して、管理内容を選んで委託することが出来ました。急な問い合わせ対応をコールセンターにお願いすることで、自分の時間が増えて、ストレスが無くなりましたよ」とお言葉を頂きました。

小さな問い合わせでも、対応に割く時間や、中断されるストレスは負担ですね。休めるときは思いっきり休む!ショップのことは後で報告書を見るだけ!

ランドリーサポートは、大型連休、お盆休み前などに、休暇を見据えての相談ご依頼を多く頂いていいます。
※現地清掃員の採用など、日数がかかってしまうこともありますので、ご検討のオーナー様は、ぜひお早めにお声がけください。

  • LINEで送る